お得な必見ランキング

住友生命 たのしみワンダフル
住友生命 たのしみワンダフル

払戻率がより高くなる年金額重視プランのほかに、要介護状態になったときに、以後の保険料が不要となる保険料払込免除プランもあります。保険料払込期間満了後から年金受取開始まで据置期間を設けることで、受取額を増やせます。

契約可能年齢 0歳~75歳
年金開始年齢 60歳
年金支払期間 5年・10年・15年確定※
払戻率例 113.2%~129.5%※

※契約内容、タイプによって異なります。

個人年金保険の相談はこちら

東京海上日動あんしん生命
東京海上日動あんしん生命

東京海上日動あんしん生命の個人年金保険。契約の際、健康状態の告知は不要です。保険料は10,000円~30,000円までの5タイプ。

契約可能年齢 満25歳~49歳※
年金開始年齢 60歳
年金支払期間 5年・10年・15年確定
払戻率例 103.7%~107.5%※

※契約内容、タイプによって異なります。

個人年金保険の相談はこちら

アフラックの個人年金
アフラックの個人年金

アフラックの個人年金保険。年金支払開始日が60歳のプランのほかに65歳や70歳にのばせるプランもあり、その場合は60歳開始のプランよりも多くの年金を受け取ることができます。※

契約可能年齢 満20歳~満45歳
年金開始年齢 60歳
年金支払期間 5年・10年確定
払戻率例 104.7%~113.7%※

※契約内容、タイプによって異なります。

個人年金保険の相談はこちら


個人年金保険とは?

個人年金保険は、老後の生活資金を準備するための商品であり、公的年金の支給開始年齢や支給額が将来的に変化する確率が高いという事から、それを支える存在として注目を集めています。

個人年金保険という名前から公的なイメージが持たれがちですが、運営しているのは民間企業であり、日本年金機構が行っているものとは明確に違っています。

あくまでも企業が提供しているサービスであるという事を認識しておく必要があります。

個人年金保険は、公的年金では不足しがちな老後の生活を安定させるために用意されている商品であり、貯蓄性が高いという点で優れています。

様々な内容の商品がありますが、普通預金よりも利率が高い内容を持つものも数多く用意されています。

公的年金は、平成12年に法律が改正された事により、報酬比例部分の受給開始年齢は60歳~65歳に引き上げられています。

今後、さらに68歳~70歳に引き上げる事が検討されており、退職してから年金を受給するまでの期間、どのようにして生活資金を確保すれば良いのかについて工夫が求められています。

個人年金保険は、退職後の資金作りの対策として、現時点で最も有力な方法の一つです。

また、個人年金保険には、終身年金・確定年金・有期年金があり、このページではそれぞれの特徴をまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。


受け取り方 保険料の傾向 受け取り期間 受け取り期間中になくなったら!?
終身年金 高め(×) 一生受け取れる(○) 以後もらえない(×)
元本割れの可能性がある
確定年金 普通(○) 一定期間だけ(△) 期間中はもらえる(○)
有期年金 低め(○) 一定期間だけ(△) 以後もらえない(×)
元本割れの可能性がある


個人年金保険、自分のニーズでタイプを選ぼう!!

定額タイプと変額タイプの相違点を下記表にまとめてみました。
定額タイプ 変額タイプ
保険料の払い方 分割(月・年払いなど)、一時払いなど 一時払いが多い
保険料の税金 一定の条件を満たして税制適格年金特約をつけたものは「個人年金保険料控除」の対象になる 「一般の生命保険料控除」の対象になる
各種費用 なし 契約初期費用・保険関係費用・運用関係費用などがかかる
中途解約時の解約控除 なし ある商品が多い
解約返戻金の保証 あり ない商品が多い




前の記事